サービスの切り替えにあたっての注意事項



ひかりTVへの切り替え方法について/AはこちらひかりTVへの切り替え方法について/Bはこちら

矢印


視聴年齢制限の設定方法について/Aはこちら視聴年齢制限の設定方法について/Bはこちら

矢印
一部の「ライトプラン」のお客さまのみ

基本サービスの設定方法について/Aはこちら基本サービスの設定方法について/Bはこちら
サービス切り替え前にご確認ください。
サービス切り替えにあたっての注意事項
ひかりTVご利用手引きのダウンロードはこちらから
ひかりTVご利用手引きのダウンロードはこちらから/HTML版ひかりTVご利用手引きのダウンロードはこちらから/PM300版

※PDFファイルご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。

「4th MEDIA」から「ひかりTV」へ切り替わるにあたっての注意事項となりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

  • 「ひかりTV」に切り替わると、「4th MEDIA」は利用できなくなります。
  • 月額更新型のサービスである「プレミアムチャンネル」及び一部の「有料ビデオ見放題パック※」は、サービス切り替えを行った時点のご契約が「ひかりTV」に承継されます。

    ※フィットネスチャンネル、ゴルフネットワーク、大人のエンタメパック<任侠&官能>、セレクト12プラスα(成人向け)、セレクト120(成人向け)。パック名称等が一部変更になります。

  • 上記2以外の4th MEDIAで購入済みの視聴権利は引き継がれませんので、サービス切り替え期間にかかる、ビデオ作品等の購入・視聴には十分ご注意ください(ひかりTVに同一の作品等があった場合でも引き継がれません)。
  • ライトプランについて、「月2本無料」の権利は、統合月(2008年7月)の「4th MEDIA」と「ひかりTV」共通で月2本までとなります。
  • 「ひかりTV」で提供中のビデオ作品等は、「4th MEDIA」のラインナップと一部異なります。
  • プレミアムビデオの詳細画面で「解約」ボタンを選択した場合、解約完了ダイアログが表示され、そのプレミアムビデオの解約(予約)*1が実施されます。 この際、解約完了ダイアログを閉じると、画面上の「解約」ボタンが「購入」ボタンに変わり、画面右下の「契約中」の表示が消えます。 しかし、他の画面へ遷移した後、再度、その詳細画面を表示すると、画面上には「解約」ボタンが表示され、画面右下には「契約中」と表示されます。 表示上は解約前の状態に戻っているように見えますが、解約処理自体は正常に実施されております。そのため、再度、「解約」ボタンを選択した場合、“解約予約済み”と既に 解約処理が実施されてる旨のダイアログが表示されます。 なお、解約月の月末を過ぎた時点で、詳細画面の表示が「購入」ボタンに変わり、画面右下の「契約中」の表示が消え、本プレミアムビデオの解約が完了します。

    *1 実際には解約月の月末まで視聴は行えます。
    ※端末A:Picture Mate 300をご利用の方のみ

  • 「4th MEDIA」で行った番組指定の視聴予約は「ひかりTV」では引き継がれません。 日時指定予約、曜日指定予約の視聴予約は引き継がれるため、既に番組指定で予約している視聴予約は日時指定予約へ変更してください。 なお、「ひかりTV」で新規に行った番組指定予約は正しく実施されます。変更方法はこちらからご確認ください。

    ※端末A:Picture Mate 300をご利用の方のみ

  • 「4th MEDIA」では、視聴年齢制限の設定がなくても成人コンテンツ視聴時には暗証番号が必要でしたが、「ひかりTV」では成人コンテンツ視聴時の暗証番号入力が不要となります。そのため、お子さまのいらっしゃるご家庭等におきましては、「4th MEDIA」にて視聴年齢制限を設定していなかった場合でも、「ひかりTV」では改めて視聴年齢制限を設定していただきますようお願いいたします。

    ※端末A:Picture Mate 300をご利用の方のみ

 

このページの先頭へ